« 2007年5月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月24日 (月)

*曼珠沙華と高麗神社

P1000651_2

お彼岸の1日、お父さんを朝、たたき起こし高麗神社へ連れて行ってもらいました。

高麗川の巾着田には曼珠沙華の群生がどこまでも続いていました。花の中を遊びたかったのに朝露で体がビッショリ濡れるので”はいっちゃダメ・・・・”って起こられたのだワン・・

高麗神社は、高句麗国の王族高麗王若光をはじめとした高麗人達が唐・新羅の連合軍の攻撃にあい667年に滅亡した。この乱を逃れた人々が多数日本に渡り、住んだが、716年(霊亀二)そのうちの1799人が武蔵野国に移され新しく高麗郡が設置され、後に源氏と縁を結び、武蔵野の開発に尽くした

P1000657 P1000661 P1000664 P1000687

雅楽で”青海波”の舞樂を見、 帰りに高麗王の祀られている聖天院勝楽寺をみて帰りました。日高街道の反対車線は”巾着田”にゆく車で渋滞してましたワン。ぼくは、お父さんの膝の上で昼寝をしながら家に帰ったのダ・・・・タノシカッタ・・・・・

|

2007年9月22日 (土)

*夏ばてと朝鮮通信史

今年の夏は凄く暑かったね・・・・

P1000598

9月になっても猛暑が去らず・・・・

でも、さすがお彼岸近くなると涼しい日が少しずつ

                多くなってきましたワン・・

9月22日の朝刊で偶然”朝鮮通信使開始400年記念”に関して、 この春、ソウルー(対馬経由)-東京までの国際交流パレードがおこなわれました・・・・

その写真展を川越市立図書館展示室で行うと言う記事を見、

見に行ってきたワン・・・凄く尾もろかったワンヨ!

その時、もらった資料で埼玉県日高市高麗郡の建郡1300年記念として高麗神社に伝わる系図、懸仏等の文化財の公開。雅楽奉納(渡来の響き)舞楽ー青海波ーを夏ばてで家でゴロゴロしているお父さんをたたき起こして、連れて行ってもらうことにしました。

つづく...

|

2007年9月 3日 (月)

☆ギャラリー彩硝房のリニュアール

Img_2077

ギャラリーのシャッターがグレーの無地の為、お客さん達から・・・

目立たない、・・・何をしているお店なのか解らない・・・・との声が沢山聞かれたので”モモちゃん”にお願いしてシャッターのデザインを考えてもらいました。

Img_2080 Img_2081

8月の暑い盛り***モモちゃんに考えてもらったデサインを基に1ヶ月を費やして朝早く・・・涼しいうちに・・・・お父さんが・・シャッター全体の色を白く練り変えてから・・・

”がらす工房と骨董のお店”・・・大きくー彩硝房-メールアドレスーホームページーTEL-を書いていました。

近所の人たちがペンキ屋もヤルンカ イ・・・と・・・冷やかしてました。ぼくも長い尻尾の先にペンキをつけて”彩硝房”の手書き風の擦れ文字を手伝ったのじゃワーーーーン。

Img_2082 Img_2083

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年10月 »